FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じっくり観察 同じ自然を共有 

虫めがねで見た冬芽

真冬とは思えない暖かさが続いています。 とは言っても2月。 寒風が吹き抜ける中、良く晴れた太陽の陽光がありがたく、それでも春の準備をしている木々たちの冬芽を観察することにしました。
もうひとつの今日のテーマは「わかちあい」。 この地域子どもネイチャーゲーム教室の開催も残りわずかとなり、より深い体験をして欲しいと思い設定しました。

冬芽を観察する前に、眼を「捜索モード」にするためにネイチャーゲーム「カモフラージュ」をしました。
子どもたちは真剣に人口物を茂みの中から見つけ出そうとし、3回トライしてどうしても当てることのできないNちゃんは地団駄踏んで悔しがります。

続きを読む

スポンサーサイト

お手玉づくりに苦戦 

お手玉第2弾

8月にやったお手玉が楽しかったので、お手玉の先生"タッシー"と"こばっち"を呼んで、またお手玉を教えてもらいました。
今日は男の子の参加が多いのが意外です。
タッシーの軽快な指導と、楽しい音楽でお手玉を楽しみました。

そしてお手玉づくり。
8月には「俵型」の作り方を教えてもらったので、今日は「座布団型」にチャレンジです。
「お手玉を作りたい人!」と聞くと、男の子のも全員勢い良く手を上げて、やる気満々です。
しかし、なかなか難しいもの。 時間が過ぎるのも忘れて悪戦苦闘。
やっとできたと思ったら間違って縫っていたりとなかなかできません。
近くの居酒屋びあどのマスターも今日は針を持って子どもたちの輪に入っています。
座布団型お手玉

続きを読む

お正月には凧あげて~♪ 

ハタあげ記念写真

「長崎節木塾」のご協力の下、一銭バタ作りとハタあげ、カルタ取りといった正月の定番遊びをしました。
「長崎節木塾」の方とは一昨年の全国一斉ネイチャーゲーム大会で稲佐山でもお世話になり、今回連絡してみたところ快くご協力いただきました。

まずはカルタ取り。
でもカルタ取りと言っても今日はネイチャーゲームの「木の葉のカルタ取り」です。
ハタ作りが控えているため、室内で「木の葉のカルタ取り」をしました。
そう! この葉っぱも稲佐山で集めたんだっけ。。
この季節は落ちている葉っぱは枯れているものが多いのと、室内ということも考えると、ラミネート加工した葉っぱが便利に使えます。

続きを読む

校庭の木々 

木のシルエット


僕がネイチャーゲームの中で印象深いのは「木」に触れ合い・感じることでした。 それで、リーダーの資格を取ってからしきりに木を題材にしたゲームをやりましたが、今回はその「木」にふれあうことをテーマにして、どっぷりと木を感じてもらいたいと思いました。
校庭の自然はどれも整備されて整っていることと、夏に来た台風の影響で切られてしまったものが何本もあります。
そんな中でも木にも個性があり、木も生きていてそこに立って子ども達を見ていることを感じてもらえればと思いました。

続きを読む

生き残るのは大変 

キツネ・ウサギ・葉


今日は室内の静かな環境でいきもののつながりについて学びました。
まずは生き物には天敵がいるということを今日の指導員、おさるさんが説明してネイチャーゲーム「天敵と獲物」をしました。
息を殺していても見つかって食べられてしまうこともあるのですね。

次のゲーム「食物連鎖」をして、生き物同士が互いに繋がっていることを知り、最後に「キツネ・ウサギ・葉」をしました。
このゲームはみんな初体験で、どう逃げたり捕まえて食べたりすればいいか迷うところもありましたが、楽しく、天敵と獲物の増減関係を知ることができました。
最後におさるさんの話し。鳥などの生きものの生存率の話しや皆の着ている服や靴などは誰が作っているのか? 1人では生きていないんだということに納得できた今日の活動でした。

=データ=
 実施日時 2006年11月12日(日)10時~12時00分
 場所   北陽小学校 多目的室
 参加者数 20名
 スタッフ 4人

=今回の反省=
 「キツネ・ウサギ・葉」は初体験でした。
 食うもの、食われるものの数の関係を楽しく理解できるので、ぜひマスターしたいと思いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。